20170626-00027212-sdigestw-000-view


1: 名無し@football 2017/06/26(月) 22:41:44.64 ID:CAP_USER9
「トッティと同じ役割のため当初は疑問視も」と回顧。
 
ローマは6月22日、エジプト代表FWのモハメド・サラーをリバプールに売却した。
移籍金は4200万ユーロ(約50億4000万円)で最大800万ユーロ(約9億6000万円)のボーナスがつく。合計5000万ユーロ(約60億円)はクラブレコードとなる売却額だ。
 
2016-17シーズンは公式戦通算で19得点・15アシストを記録したサラーだけに、売却に不満を抱くサポーターも少なくない。
だが、FFPを守るためにローマは早期の主力放出を義務付けられており、これだけの金額での売却に一定数のファンが納得しているのも確かだ。彼らが願うのは、その利益がさらなる補強に回ることだろう。
 
では、ローマがこれまでに大金を投じて獲得したのはどんな選手たちだったのだろうか。
ローマ専門サイトの『forzaroma』が現地時間6月25日、1990年以降の歴代トップ10を発表した。あくまでも同メディアによるランキングだ。
 
堂々の1位は、元アルゼンチン代表FWのガブリエル・バティストゥータ。10年を過ごしたフィオレンティーナを離れ、永遠の都に拠点を移した稀代のストライカーは、
入団1年目の2000-01シーズンにセリエAで20得点をマークし、ローマにとって通算3回目となるスクデット獲得に貢献した。
 
その2000-01シーズンのローマのスクデットといえば、元日本代表MFの中田英寿を忘れることはできない。

2000年1月にペルージャから加入した中田は、フランチェスコ・トッティとのポジション争いに苦しみながらも、敵地でのユベントス戦で途中出場から1得点を含む2ゴールを演出。
天王山でチームを2-2のドローに導き、優勝の立役者として高く評価された。同サイトは、「歴代移籍金ランキング」で5位にランクインした中田を次のように評している。
 
「ローマのユニホームに袖を通した初の日本人選手は、3回目のスクデット獲得の1年半前に、2000年1月にフランコ・センシ(当時の会長)によって獲得された。
中田の獲得に好意的ではない見解もあった。才能あるトップ下、つまりトッティと同じ役割だったからだ。少しの疑問があった。だが、それ以上ではなかった」

>>2以降につづく

サッカーダイジェスト 6/26(月) 16:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170626-00027212-sdigestw-socc

2: 名無し@football 2017/06/26(月) 22:41:58.81 ID:CAP_USER9
16年が経ってもユーベ戦での大活躍は色褪せない。

さらに寸評はこう続いた。
 
「トッティによってわずかな出場機会しか得られず、中田は首都でベストを発揮することができなかった。
わずか40試合出場で6得点。だが、そのうちのひとつは、おそらくスクデットへの道のりにおいて最も重いゴールだった」
 
「トリノでのユベントスとの天王山で、トッティに代わって中田が途中出場したとき、ファビオ・カペッロ監督のチームは2点を先行されていた。

だが、中田はまずロングシュートで(エドウィン・)ファン・デル・サールを相手にゴールを叩き込み、
さらには彼のシュートから(ヴィンチェンツォ・)モンテッラが2-2となる同点弾を決めた。これが事実上、ローマにスクデットをもたらし、ローマ・サポーターのアイドルとなったのだ」
 
最後のスクデット獲得から16年が経ち、クラブ一筋を貫いてきたトッティは今夏、ローマのユニホームを脱ぐことになった。それだけの年月が過ぎても、中田のあの一発は色褪せていないようだ。
 
なお、同サイトの「歴代移籍金ランキング」トップ10は以下のとおり。リラ時代の移籍はユーロに換算されている。
(移籍金/加入年度/ローマでの公式戦通算成績)
 
1位:ガブリエル・バティストゥータ(3620万ユーロ/2000年/87試合・33得点)
 
2位:ヴィンチェンツォ・モンテッラ(2580万ユーロ/1999年/237試合・103得点)
 
2位:アントニオ・カッサーノ(2580万ユーロ/2001年/161試合・52得点)
 
4位:ファン・マヌエル・イトゥルベ(2450万ユーロ/2014年/68試合・5得点)
 
5位:中田英寿(2200万ユーロ/2000年/40試合・6得点)
 
6位:モハメド・サラー(2160万ユーロ/2015年/83試合・34得点)
 
7位:エメルソン(2000万ユーロ/2000年/145試合・21得点)
 
8位:ケビン・ストロートマン(1940万ユーロ/2013年/86試合・12得点)
 
9位:ジェルソン(1890万ユーロ/2016年/11試合・0得点)
 
10位:クリスティアン・キブ(1800万ユーロ/2003年/124試合・6得点)

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170626-00027212-sdigestw-000-view.jpg

4: 名無し@football 2017/06/26(月) 22:42:30.81 ID:9utUx2hR0
結局、中田を超える選手でてこないな

156: 名無し@football 2017/06/27(火) 03:12:28.90 ID:TMq9nPvL0
>>4
中田はペルージャ時代が神がかってた

244: 名無し@football 2017/06/27(火) 11:36:04.45 ID:PZhzRubx0
>>4
瞬間最大風速に限ればこの先出て来ないんじゃね

7: 名無し@football 2017/06/26(月) 22:45:06.65 ID:Jv59LeU+0
この頃はセリアAバブルだった
今は見る影もない

18: 名無し@football 2017/06/26(月) 22:55:04.61 ID:lqdICIjI0
あれ以来優勝してないんだっけ
そりゃレジェンドになりますわ

19: 名無し@football 2017/06/26(月) 22:55:26.94 ID:2tZcn50H0
まだローマはCL出てるだけでも頑張ってる方だけど
ミラノのクラブは世界最強だったとは思えないほど落ちぶれちゃった

23: 名無し@football 2017/06/26(月) 22:59:14.43 ID:CtTQWUNe0
つうか中田はローマ→パルマに移籍する時に移籍金がさらに上がってるんだよな。

33: 名無し@football 2017/06/26(月) 23:04:33.18 ID:CtTQWUNe0
この頃のセリエAはイタリア人選手も外国人選手も化け物揃いだったな。

35: 名無し@football 2017/06/26(月) 23:05:27.63 ID:47NfBXmx0
この時期ですでに中田はボランチ適正論が挙がってたけどね
パルマじゃ案の定はっきりいってただの黒子役でしかなかった

36: 名無し@football 2017/06/26(月) 23:07:25.43 ID:t8EkE22j0
スクデットメンバーだから歴史に残るよな
ただ中下位にいたのとやっぱり違う
ローマサポはずっと覚えてる

45: 名無し@football 2017/06/26(月) 23:16:37.99 ID:TnBPuG/R0
中田が出てきたときの方が強いしな
一番大事な試合ではトッティを途中で下げて中田投入

46: 名無し@football 2017/06/26(月) 23:16:55.15 ID:Zs1N206D0
俺は小野派なのと独W杯での態度で中田を好きではないが、
セリエAデビューイヤーとローマでのユベントス戦だけは認める、ありゃ凄かった

76: 名無し@football 2017/06/27(火) 00:30:48.82 ID:w2cUDw4r0
>>46
デビューイヤーはマジですごかったな。

59: 名無し@football 2017/06/26(月) 23:49:59.12 ID:8SkcvY6G0
あの伝説のローマユーベ戦にユーベの選手として出場していたダービッツさん「一番強く印象に残ってる日本人選手はCLで対戦したフェイエ小野」

62: 名無し@football 2017/06/26(月) 23:54:05.47 ID:c+A0vW5b0
ローマ強豪だけどほとんど優勝できずに2位ばっかりのチームだからな。
だからこそ優勝の立役者の中田は記憶に残ってる

72: 名無し@football 2017/06/27(火) 00:19:40.31 ID:jGpPltNG0
セリエは本当しょぼくなったよな
ユーヴェだけがヨーロッパで結果を出せる実力で他はどんぐりの背比べ

73: 名無し@football 2017/06/27(火) 00:21:53.34 ID:ONnZri2E0
センターサークル近くでタッキナルディからボール奪取してそこからそのままロングズドンだもんな

75: 名無し@football 2017/06/27(火) 00:30:17.64 ID:KsGAgMKq0
未だにローマはあれから優勝出来てないんだもんな
2位は何回も取ってるけど